<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 富士カントリー可児クラブチャレンジ試合結果 | main | まとめ食いは禁物。 >>

食事を摂取するタイミングの重要性

こんばんわ。松下です。

台風凄かったですね。

日曜日はセミナーで尼崎にいたのですが風と雨が凄くてビシャビシャに濡れました。

また明日から雨模様みたいですし、体調を崩されないようにお気をつけ下さいね。


さて今日はそのセミナーで聞いて勉強してきた内容を書きたいと思います。

テーマは『効果的な栄養の摂り方〜スポーツと栄養の関係』についてです。

今回講師をして下さった方は以前浅田真央選手の栄養管理を担当されていた河南こころさんです。

セミナーの中で浅田選手が食べた食事メニューや食事の時に意識していたポイントなど現場の内容なども踏まえて教えて頂きました。

私が特に印象に残っていることは食事のポイントとしてもちろんバランスよく食べることが大切ですが食事の内容よりもスポーツ選手にとってはタイミングを特に意識してご指導されているということでした。

どのタイミングでどの食事をどれくらいの量を摂るかが重要だということです。

例えば試合の前ではエネルギー源になるものをしっかりと摂らなければいけないですし、試合後であれば翌日に疲労を残さないように疲労が早く取れるような食事を摂るというようなことです。

この中でも固形物なのか、液体なのか、他の食品と併用して食べた方が良いのかなど様々なことを考える必要があります。

食事1つでも本当に色々な意味があるんだなと改めて思いました。

これから私も内容だけでなく摂取するタイミングについて選手や会員様にもお伝えしていければなと感じました。

詳しい食事の内容やタイミングについてはまた次回ご紹介させて頂きます。

株式会社エヌディエス * 感じたこと・松下 * 18:37 * comments(0) * trackbacks(0)

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ