<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

NDSボーリング大会

JUGEMテーマ:スポーツ
皆さんかなりご無沙汰しております。 松下です。 少し気を引き締めてまたブログを書いて行こうこと思いますのでよろしくお願い致します。 さて昨日NDSボーリング大会を行いました。 もうすでに第5回目なのですが・・・。(笑) 運動を楽しみながら行い、気持ちも心も健康になってもらいたいというコンセプトで今はまだまだ小さくこじんまりと行っているような状態です。 しかしどんどん大きく、皆さんにも告知していきますのでご興味のある方は是非ご参加下さい。 昨日の第5回NDSボーリング大会の結果発表(スコア)をさせて頂きます。 今までのスコアも踏まえてハンデ制で行っています。 1位 116、127 243 ハンデ40(+80) トータル  323 2位 103、108 211 ハンデ50(+100) トータル  311 3位 153、127 280 ハンデ10(+20) トータル  300 4位 93、119  212 ハンデ40(+80) トータル  292 5位 153、120 273 ハンデ0     トータル  273 6位 110、100 250 ハンデ20(+40) トータル  250 このような結果発表になりました。 ハンデがあるので誰にでも優勝の可能性があります。 ちなみに私は昨日はぼろぼろで6位でした。。。 頑張ります!!
株式会社エヌディエス * その他 * 12:06 * comments(0) * trackbacks(0)

第2回我武者羅トレーニングカレッジ。〜告知〜

皆さん、かな〜りお久しぶりです。

松下です。

ご挨拶が非常に遅くなってしまったのですが、皆様、明けましておめでとうございます。

昨年は会員様をはじめ、本当に色々な方々にサポートして頂いてトレーナーという仕事が出来たなと感じております。

昨年は私自身色々な貴重な経験をたくさんさせて頂いたので、今年はそれをしっかりといかして貢献出来るように頑張りたいと思います。

皆様、今年もよろしくお願い致します。


さて早速、告知なのですが1月7日、8日の2日間にわたり、『第2回我武者羅トレーニングカレッジ』というセミナーにてNDSの中務が講師をさせて頂きます。

兵庫県中学校の軟式野球部の生徒や先生方を対象としたセミナーです。

中務が講演させて頂く内容は7日が『故障しないからだづくり』、8日が『障害予防と球速アップのためのコンディショニングトレーニング』です。

約400名程度の生徒、先生方来られるそうです。

こんな多くの方々に来て頂けるなんて本当に嬉しいことです。

私も1つセクションを任せられていますので、生徒や先生方に少しでも分かりやすく伝わるように頑張りたいと思います。

以上、告知です。


これは先日、別府中学校にてデモストレーションを行った時の様子です。










株式会社エヌディエス * その他 * 12:59 * comments(2) * trackbacks(0)

期間限定キャンペーン

こんにちは。松下です。

今日の神戸もめちゃくちゃ暑いです。30度を越えてるみたいですね。

今年の夏は本当にどうなるんでしょうか・・・。

節電しつつ、熱中症には十分ご注意下さいね。


さて今日はNDSで行っている期間限定キャンペーンについてお知らせします。

通常、体験レッスン1時間3,000円を期間限定キャンペーンとしまして6月30日まで無料で行わさせて頂きます。

トレーニング指導だけでなく、個別のカウンセリングも行いお客様にとってより良い方法を考えアドバイス、ご指導させて頂きます。

是非この機会に一度お試しくださいませ。

ご興味のある方は下記までお問い合わせください。

よろしくお願い致します。


株式会社エヌディエス
メール:info@nds-training.jp
電話:078-881-5551
担当:松下

株式会社エヌディエス * その他 * 11:50 * comments(0) * trackbacks(0)

膝の障害チェック

こんにちは。松下です。

本日も勉強会を行いました。

前回は膝の障害についてだったのですが、今日はその内容も踏まえて膝の障害を評価するポイントを勉強しました。

膝に関わらず、障害を評価する際には基本的にHOPSというアルファベットの頭文字をとった評価の流れに沿って行います。

今回は膝の障害がある方へチェックする要点を書いていきます。

History:問診
・怪我が発生したメカニズム、原因、状況など
・痛みがある場所、痛みの種類、程度、痛みの緩和・憎悪させる行為など
・神経症状の有無
・既往歴(膝を以前けがをしたことがあるかどうか)
・運動強度の変化、サーフェスの状態など

上記のようなことを痛みのある方に対して問診していきます。

ここで必要な多くの情報を入手していると後のチェックが非常にスムーズになり、ケガの正確な判断等にもつながってきます。

Observation:視診
・腫れ、変形、水泡、変色、筋緊張、傷跡など
・姿勢、歩行、走行など機能的な問題チェック
・Qアングル(骨盤と膝蓋骨、膝蓋骨と脛骨がなす角度)など

視診では痛みのある部位やその周辺などを前後、左右見てチェックします。

動かせる範囲の痛みの場合は歩行や走行などをみて足首、膝、大腿骨の角度や方向などをチェックすると原因もみえてきます。

Palpation:触診
・圧痛、腫れ、皮膚の温度
・骨、靭帯、筋肉を触る
 (大腿骨、脛骨、膝蓋骨、半月板、内側・外側靭帯、大腿膝蓋靭帯、膝蓋靭帯、腸脛靭帯、大腿二頭筋、半健様筋、半膜様筋、縫工筋、膝窩筋、腓腹筋など)

解剖学をしっかりと理解した上で触っていきどの部分に痛みがるのか確認します。

この時点でだいたいどんな障害なのか評価が出来ていると思います。

StressTest,SpecialTest:テスト
・関節可動域をチェック
 自動(自分で動かす)と他動(動かしてもらう)の両方チェック
 膝の屈曲伸展、内旋外旋、股関節の屈曲、伸展、内転、足関節の底屈
・筋力テスト(関連する筋肉)
・特殊なテスト(関節や靭帯に働きかけるテスト)

このテストの多くはその部位に負荷をかけ、痛みや違和感などの有無により評価を行うため熟練したテクニックが必要になってきます。


ケガを評価する場合には上記のようなことを行い、削除法でケガであろう障害を絞っていき判断していきます。

私達は医者ではないのでもちろんケガの断定は出来ませんし、それに対する適切な治療も出来ませんがそれ以上悪化させないように応急処置などはトレーナーにも出来ます。

現場で指導する場合のトレーナーの重要な部分はまず選手やお客様にケガをしないようにすること。

そして次にもしケガをした場合にもそれ以上悪化させないように対処していくことが非常に重要ではないかと感じます。

私もこれからも色々な方のケガを評価して、適確に判断、処置が出来るように勉強していきたいと思います!!

株式会社エヌディエス * その他 * 15:31 * comments(0) * trackbacks(0)

NDSブログ開設しました。

祝中務一味です!!祝
株式会社エヌディエス * その他 * 19:38 * comments(3) * trackbacks(0)
このページの先頭へ